オリンパスインタビューその6|受講ニーズから企画する研修カテゴリーとは?

「調達・購買・資材DVD」をご利用いただいたオリンパス 高田様、花山様にお話を伺いました。日本能率協会の安部武一郎がインタビューします。

受講ニーズから企画する研修カテゴリーとは?

IMG_8529

安部
そういう意味では、CPPを含めて、書籍よりは、やはり手を伸ばしやすいのでしょうね。
あのカ所もう一度映像で見られるという意味では、タッチのしやすさというのが、確か本よりは高いかもしれませんね。

高田
書籍を読むのはあくまでも自分のペースですからね。
気がつかないうちに、都合のいいように解釈して、都合のいいところだけを拾います。
DVDだと違います。DVDは表現にメリハリがありますので、その差は大きいと思います。

安部
調達企画というお立場だと、各拠点でお仕事をされている方々から、各論といいますか、各種カテゴリーの相談があるのですか?

花山
我々は、研修などを企画していますので、そのときに、受講者のニーズを聞き込んでおかないと、研修をしても意味がないのですよ。
例えば、「こんな研修が良い。」というのと同じように、この DVDを見るということが、1つのツールになるのではと思います。

高田
言い方を変えますと、「まずはこれを見て。」と渡します。見てもらいその中で、どこを活かしたいのかを考えてもらいます。その上で、われわれはそこに特化した社内研修をしたいと思います。
見れば見たで、何かを感じるわけですから、そのレスポンスに対し、次の仕込みをすれば良いと思います。

先日、弊社の物流推進部に第3巻を貸し出しました。一般的な貿易研修は社内でやっていまが、確実に身につけてほしいのはある一部分だけで、調達の人はそこを知りたいのです。
では教える方は何を教えたらいいのでしょう。調達実務はやったことがないのです。となると、調達視点でのグローバル展開とはこういう感じですよ、こうなるのですよということをわかってもらう。
少し違うのかもしれませんが、私個人としては、解答の提供ではなく、その前段階を知ってもらいたいと思ってます。

花山
もしかする調達とは、解答がないのではないかとも思います。

バイヤースキルマップにもとづく 調達・購買・資材スキルアップDVD
http://cpp-seminar.com/dvd/

〜6/8 page〜

サブコンテンツ
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPF 第一線監督者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト 製造業のための生産分野専門オンラインセミナー ものづくりポータルサイト ものづくりコラム 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 JMI生産・開発マネジメントコース ものづくり総合大会 ものづくり人材育成スクール 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション
ページトップへ戻る