オリンパスインタビューその5|動画講義の3つのメリットとは?

「調達・購買・資材DVD」をご利用いただいたオリンパス 高田様、花山様にお話を伺いました。日本能率協会の安部武一郎がインタビューします。

動画講義の3つのメリットとは?

IMG_8528

安部
それは、先ほどおっしゃっていた、具体的なツールがところどころに含まれているということにつながりますか?

花山
そうですね。

安部
具体的に知りたいからこそ、印象に残るといますか、お役に立つというところですか?

花山
そうですね。

高田
まっさらな新人たちに見せるのも、それはそれで良いと思います。ですが、それよりももう少し上のクラスの人が、もがいている時に見ると現状打破のきっかけになるのではないでしょうか。例えば、次に何をしたらいいのだろう、自分達がやっている事はうまくいっているのか、正論なのか、それとも邪道なのか分からない・・・、そういう時のチェックに良いと思うのです。
本は自分の都合の良いように読みます。しかし、DVDは言葉で言ってくれるので、ガーンときます。

動画で、声に出して講義をしているので、アピール度が違います。
何か悩んでいるときに脱出するきっかけになるのではないかと思います。
例えば、第3巻が貿易関係になっていますよね。
今までに貿易をやったことのない人が、調達の視点で貿易をするとどうなるのだろうといったときに、第3巻を見てもらうのがいいのではないかと思います。

安部
それもやはり、ある程度課題感を持っていらして、課題が見えていて、これからどうしようという意識があってのことなのですね。

高田
繰り返しますと、1回目は、何をしたらいいのか、どういうカテゴリーなのか見てもらい、そのあとで、物流はこういうシステムで、グローバルではこういう関係だといったことを知ってもらう。
そして半年後でも1年後でもいいのですか、もう一度見るとまた違ったインパクトがあるはずです。
「何だ、こんなことがDVDにあったけれど、最初に見たときには気がつかなかった。ここを参考にすればよかったな。」というふうに、また次の見方が出ると思うのですよね。

バイヤースキルマップにもとづく 調達・購買・資材スキルアップDVD
http://cpp-seminar.com/dvd/

〜5/8 page〜

サブコンテンツ
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPF 第一線監督者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト 製造業のための生産分野専門オンラインセミナー ものづくりポータルサイト ものづくりコラム 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 JMI生産・開発マネジメントコース ものづくり総合大会 ものづくり人材育成スクール 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション
ページトップへ戻る